最近、FXという言葉を色んな所で目にすることが多いと思います。

今、FXの売買取引をオンラインで簡単にできるようになったので、実際に大儲けをする人が多くいますが、売るタイミングを逃して損をしている人もいます。

ところが、この売るタイミングを逃さずにAI(人工知能)と膨大なデータを自動解析して売買取引をすることができるようになったのです。

それが「VENTURE BANK(ベンチャーバンク)」というAI自動売買システムです。

まず、FX(Foreign Exchange)とは、米国ドルや日本円・などの世界各国の通貨価格(為替レート)が将来において、高騰するのか、下落するのかを予想して利益を獲得することを目的とした取引のことを指します

例えば、米国ドル=110円で購入した場合、通貨価格の変動によって米国ドルが125円になってから売ると、15円の利益が出たことになります。この価格変動による利益(為替差益)を狙って獲得する取引がFXです。

FXは外国為替証拠金取引、略して、外為とも呼ばれ、「DMM FX」等のオンラインでのFX取引サイトで多くの方々がFXでの様々な通貨の組み合わせによる取引を行っています。

特に全く経験のない初心者でも少ない金額で大きな運用ができる(レバレッジ取引)のがFXの大きな魅力の一つです

レバレッジとは元々「てこの原理」を意味しており、レバレッジ取引では預けた資金を使って何倍もの金額での取引ができます。

例えば、米国ドル=100円の場合、普通は500ドルの運用には5万円が必要ですが、レバレッジ取引をすると1万円で500ドルの運用が可能となります。

この場合ではFXでの取引に必要な担保として証拠金1万円を使って500ドルの運用をするので、通常の5倍でレバレッジ取引を行うという事になります。
つまり、レバレッジ取引が大きくなるのに比例して、損益の幅も大きく変動して大きな利益を得ることができます。

ただし、自分の予想と全く異なって、大きく通貨価格が下がると同様に比例して大きな損失になることもあるので、FXでの取引には十分に注意してください。

さらに、FXは日中だけに取引が限られている株式投資と違って、月曜朝から金曜深夜まで平日であれば24時間取引ができます。
それゆえに仕事などで夜遅くなっても、自分の生活スタイルに合わせて、マイペースで都合の良い時間帯に取引ができます。

それでも、24時間の中で自動的に絶妙なタイミングで取引ができるようになったら良いですよね。

そんな要望にも応えているのが、FX自動売買システム「VENTURE BANK(ベンチャーバンク)」なのです。

「VENTURE BANK」のお申込みサイトはこちら!

FX自動売買システム「VENTURE BANK(ベンチャーバンク)」は、売るタイミングを逃さずにAI(人工知能)と膨大なデータを自動で解析して、24時間完全自動でFX取引を行うことができます。

「VENTURE BANK(ベンチャーバンク)」は完全自動運用なので、わざわざ難解な専門用語・トレード方法を覚える必要がなく、投資について経験がない初心者の方でも低リスクな運用で安心して始められるAI自動売買システムです。

例えば…

・為替レートで米国ドル=130円まで上がったら売る

・目標設定した数値まで下がったら買う

…というようなあらゆるタイミングを24時間逃さないようにいつでも自動的に取引するようにできます。

つまり、FX自動売買システム「VENTURE BANK(ベンチャーバンク)」は日中仕事をしている間や夜中寝ている間でもAI(人工知能)を使って膨大なデータを自動で解析して、忙しくて暇がない人でも24時間完全自動でタイミングを逃さず、適切な取引を行うことができるシステムなのです

このFX自動売買システム「VENTURE BANK(ベンチャーバンク)」とは逆に、トレーダーなどの投資家自身が売買のタイミングを見極めて取引をする裁量トレードというものがあり、テクニカルかつ専門的に分析をして予想をすることによって、売買のタイミングを見極める方法もあります。

しかし、為替レートの動きを正確に予測して判断するのはFXでの知識を学び、マーケット情報などの情報収集もしっかりやっている経験豊富な専門家の方でも為替レートの予測に迷いが生じたり、確固とした考えが強すぎるがゆえに結果的に間違って損をしてしまうことがあるのも事実です。

また、裁量トレードは最終的に人間が売買のタイミングを判断して取引を行って決めるので、初心者とか専門家とか関係なくどんなにキャリアの差があったとしても、その時の主観や感情的なこと、他の人の意見に左右される傾向があります。

「VENTURE BANK(ベンチャーバンク)」以外の今までのFX自動売買システムも難しい専門知識や分析は不要なのですが、まだ自動売買とはいえ、色んな相場で臨機応変に稼働して、常に利益を上げられるまでには至っていません。リアルタイムでその都度上昇中のトレンドになかなか対応できない事もありますので、ご自身の投資スタイルも考慮しながら現在の相場に合うようなプログラムを探して稼働させる必要があります。

また、取引ツールによって設定が困難なものもあります。例えば、世界的にも有名な「MT4(メタトレーダー4)」という取引ツールは自動売買の設定が難しいと言われています。この場合、自ら自動売買プログラムを開発するか、あるいは「EA(エキスパート・アドバイザー)」という自動売買プログラムを購入して、直接「MT4」に自分でプログラミングをして組み込んで稼働させる必要がありますが、それが上手くできずに断念する方もいて、実際には多くの方々が自動売買で上手に稼いでいるとはなかなか言えないような状況です。

それに対して、FX自動売買システム「VENTURE BANK(ベンチャーバンク)」はその時の感情や主観的な考え、他の人の意見とか一切入れずに、AI(人工知能)と膨大なデータを駆使して自動的に取引を行います。

他の会社でも自動売買システムを取り扱っていますが、「VENTURE BANK(ベンチャーバンク)」は過去データのロジックが組み込まれているだけでなく、AI(人工知能)がリアルタイムで為替レートに影響を及ぼすビッグデータを自動で解析するので、想定外の相場であっても臨機応変に対応することが可能なのです。

「VENTURE BANK(ベンチャーバンク)」を利用する際のメリットとして、主に、

  • 初心者でもスマホと運用資金があれば簡単に完全自動で始めることができる。
  • 低いリスクで資金を運用できる。
  • 個別でサポート対応をしてくれる。

…というような事があげられます。

実際の「VENTURE BANK(ベンチャーバンク)」での稼働実績としては、

FX取引による証拠金50万円の運用で、平均月利で約39%(195,000円)、年間換算で約458%(2,290,000円)まで増やした実績があります。

ただし、稼働実績の結果については個人個人によって違うことがあります。
さらに、利用される方自身がこの自動売買システムでの取引ルールの設定を行う必要があります。この設定の時にも先々の事を考えたうえで行わないと必ずしも上記のような大きな利益を得ることを保証するというわけではございませんので、ご注意ください。

特に現在は、日本も含めて世界ではかつてないほどの超低金利時代に突入し、さらに新型コロナウイルスによる感染拡大が全国各地で続いているので、あらゆる業界で経済的にも大打撃を受けている方々が多いと思います。

このようなコロナ禍の状況が続く先行きが不透明な中でも、今後を見据えて様々な資産運用でいかにして多くの副収入を得るようにするのかが注目されています。

資産運用として、代表的なのが株式投資や不動産投資になりますが、どちらも大きな投資金額が必要となり、富裕層など限られた方々しかできないような資産運用だったりします。さらに投資をしたとしても景気の良し悪しでリターンが大きく変動する可能性も否定できませんので、高いリスクが伴ってしまいます。

また、銀行に大金を預けたとしても、先ほどお伝えした通り超低金利時代に突入しているので、銀行口座で預けてもなかなか利息もつかないので大きな期待はできません。

その中でも、どんな方でもLINEで申し込んで低リスクで資産運用を始めることができるFX自動売買システム「VENTURE BANK(ベンチャーバンク)」が特に注目されていますので、おすすめします

STEP1 LINE申し込み後、口座開設をする。
LINEアカウントを持っている方であれば、簡単に「VENTURE BANK(ベンチャーバンク)」内で自分の口座を開設する事ができます。

STEP2 サポートがシステムを起動する
申し込み後にFX自動売買システム「VENTURE BANK(ベンチャーバンク)」が起動して、AI(人工知能)がリアルタイムで為替レートに影響を及ぼすビッグデータを自動で解析しながら、個別にサポートします。

STEP3 完全自動でのFX取引で資産運用をする
低リスクな投資からAI(人工知能)で自動で解析しながら、24時間完全自動でのFX取引で資産運用を行います。

以上の手順で「VENTURE BANK(ベンチャーバンク)」はLINEを使えれば誰でも簡単にFXでの資産運用を始めることができます。
実際に「VENTURE BANK(ベンチャーバンク)」に申し込んだ後行うのは「口座開設」と「システムの起動」ぐらいなので、まさに初心者の方にこそおすすめできる資産運用なのです。

先ほど「VENTURE BANK(ベンチャーバンク)」はメリットの一つとして低いリスクで資金を運用できることをお伝えしましたが、その中でも誰も予想できないような世界経済の急激な変動によって元本の損失が発生する場合があります。
そんな場合でも、「VENTURE BANK(ベンチャーバンク)」ではゼロカットシステムというものがあり、投資した元本以上のマイナスにならないようにプログラミングで構築されています

今なら、公式LINE限定での申し込みで、「VENTURE BANK(ベンチャーバンク)」を通常価格59,600円のところを半額の29,800円で購入できます

さらに「VENTURE BANK(ベンチャーバンク)」ではAI(人工知能)の実力をお試しして確認するために、90日間の全額返金保証が付いています


これから先行きがどうなるのか分からない状況なので、今後どのように生活をすればいいのか悩んでいました。元々資産運用には興味がありましたが、特に専門的な知識をもっているわけでもなかったので、不動産投資もお金がかかるし、株式投資も実際に株を買ってさらに資産を増やせるかどうかも確実ではなくリスクも高いので、どれをやればいいのかも分かりませんでした。
「VENTURE BANK(ベンチャーバンク)」だと他の資産運用とは違い、専門的な知識も必要なくリスクをそれほど気にすることなく始められるので、AI(人工知能)でどれだけ上手く資産運用ができるのか本当に楽しみです。(40代男性)


正直言って、去年の今頃、コロナ禍によるあらゆる生活環境の変化に対して私を含めて誰も予想していなかったと思います。だからこそこの先どうなるのか分からず不安でしょうがなかったので、資産を運用して増やしたいと漠然とですが考えていた中で知ったのがAI(人工知能)を使ってどんなに想定外の変動があっても対応ができる「VENTURE BANK(ベンチャーバンク)」でした。申し込んでみると、特に煩わしい手続きが無く、利用者の私がやることはスマホで操作し、口座を開設して「VENTURE BANK(ベンチャーバンク)」システムの起動をするだけだったので、後はAI(人工知能)を駆使してどれだけ資産を形成できるかをチェックするぐらいです。ゼロカットシステムで投資した元本以上のマイナスにならないように設定されているので、安心して資産運用ができるのが良いですね。(30代女性)


現在、普通に会社員としてやっていますが、あまり収入が増えず、将来に対する不安も日に日に大きくなっていったので、以前から本業以外の副収入で稼ぎたいと思っていたところでした。
そんな中でたまたまAI(人工知能)で臨機応変にFXの売買取引を完全自動で行う「VENTURE BANK(ベンチャーバンク)」の事を知って興味を持ったので、申し込みました。実際にやってみると、口座開設して投資をしてシステムを起動して、為替レートの推移をチェックするだけなので、簡単に資産運用ができました。
さらに、「VENTURE BANK(ベンチャーバンク)」には投資した金額よりもマイナスにならないように設定されているだけでなく、90日間の投資した資金全額の返金保証もあるので、リスクも少ない形で資産運用ができるので、友達にもおすすめしたいですね。(30代男性)


先ほどの口コミ・評判を調査しても明らかですが、「VENTURE BANK(ベンチャーバンク)」についてはだいたい利用されている皆さんが専門知識を持つ必要がなく、低いリスクで誰でも安心して資産運用ができるので利用される方が多いのではないかと考えられます。

「VENTURE BANK(ベンチャーバンク)」ほど利用される方の事を考えて、ここまでリスクを低くしながら安心して資産運用ができるものはなかなか無いのではないかと思います。

このサイトを見て「VENTURE BANK(ベンチャーバンク)」について興味を持たれた方はぜひお試しいただければと思います。

「VENTURE BANK」お申込みサイトはこちら!